現代社会が必要とする仕事|整体師と働きたいのなら資格を持っておくと有利

整体師と働きたいのなら資格を持っておくと有利

現代社会が必要とする仕事

マッサージ

学校選択が鍵

高齢化が進む社会の中でリハビリの重要性は高まる一方となっています。そのリハビリを始めとした様々な運動機能の回復に関する専門職が理学療法士です。一口にリハビリといっても、その方の体の状況や精神状態などによってプログラムが異なります。そのプログラムを決めるのも理学療法士の重要な役割です。そのため、体の作りや仕組み、怪我などに関しての豊富な知識が求められます。理学療法士になるには専門学校などで3年以上学び、その後国家試験に合格する必要があります。もちろん、専門学校在学中には必要な単位を取得しなくてはなりません。専門学校ごとに生徒をケアしてくれる仕組みが異なっているので、自分が学びやすいところを選択することが大切です。

国家試験の合格率を確認

理学療法士の専門学校の運営母体には病院、株式会社、学校法人などがあります。これらはそれぞれに強みがあるため、どれが良いとは言えませんが学校選びの際にはチェックしておく必要があります。専門学校を選択する上でまずポイントとなるのが国家試験の合格率です。理学療法士になるという目的を達成するには国家試験に合格することが不可欠です。つまり、この合格率は理学療法士になれる確率と言っても過言ではありません。合格率が高い専門学校はそれだけでしっかりとしたカリキュラムを組んでいるという期待が持てます。また、実際の雰囲気を感じるためにオープンキャンパスなどに参加することは非常に有意義です。雰囲気が合えばグッと学びやすくなります。